×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ほくろの除去

ほくろの除去方法

顔のほくろの除去の方法として扱われるのは メスでとり縫合。メスで切り、糸で縫合する「外科」の基礎糸が取れるまで洗顔不能で包帯必要。

・CO2(炭酸ガス)レーザー
・ヤグレーザーメラニン蒸散でとる。メラニンだけ飛ばす。
・傷跡はほとんど残らない。その日からお化粧可能。
・バイポーラー高周波メスを用いる。縫合はなし、傷跡は多少残る。
・サージトロンというラジオ波メスを用いる。縫合はなし。白っぽい傷が残る、化粧でほとんど解らない。
・クリオサージェリー(液体窒素)でとる

の6種類が一般的です。
ほくろは皮膚の色素をつくるメラニン細胞から生じます。 ほくろは皮膚に生じる小さな増殖性の変化で、通常は濃い色をしています。 ほくろの大きさについては、小さい点程度から直径が約2cmを超えるものまで、さまざまです。 ほくろの表面は平らなもの、盛り上がったもの、なめらかなもの、ザラザラしていぼのようなものなどさまざまです。 ほとんどのほくろの色は濃い茶色もしくは黒ですが、皮膚と同色のものや、黄色みを帯びた茶色のほくろもあります。

クリームでほくろ予防

ほとんどのほくろの色は濃い茶色もしくは黒ですが、皮膚と同色のものや、黄色みを帯びた茶色のほくろもあります。 ほくろが形成されるのを予防するには、日焼け予防とほぼ同じです。 敵は紫外線なわけですから。 そこで、ほくろの予防グッズも日焼け予防と同じ様なものです。 日焼け止めクリームの他にも「日傘」「帽子」「手袋」「サングラス」など、日光を直接浴びないような対策をしましょう。 以前は「日傘」といえば白っぽいもの、夏のTシャツといえば白いTシャツが見た目は涼しげですが 黒や濃色のものの方が、紫外線カットの効果が高いです。 そこにUVカットも入っていればなおいいですね! サングラスは、目の周りのほくろ予防、シミ予防の他にも、「白内障」という目の病気の予防にもなります。 日焼け止めクリームをしっかりつける時間がない、または、そんなに長く外出しないなどという時は 薄手の長袖を持っていき、羽織るだけでも紫外線からお肌を守ってくれるのでいいでしょう。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?